忍者ブログ
広島県尾道市の子供を給食からの内部被爆から守るための活動をしているお母さん、お父さん同士をつなぐ為のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/11/22 (水) 16:04】 |
トラックバック() | コメント()

無題
koko
今まで政府がそ知らぬ顔をしてきた、プルトニウムの問題も。
海に大量に流れ込んだプルトニウムなどは、どうなってるのでしょうね・・・


コメントを閉じる▲
スーパーのマルエツの放射能検査結果、7月24日公表分の中で
岩手県産の刺身ワカメからセシウムが検出されています。

7/20測定分
Cs-134 不検出
Cs-137 9.8bq/kg

7/21測定分
Cs-134 不検出
Cs-137 8.4bq/kg

以前も書きましたが
尾道市の学校給食では、三陸のワカメを使用しています。

放射能がどこに紛れ込んでいるかわからない。三次市のしいたけは典型例です。
きのこの危険性は事故後すぐに言われてきたのに、対策をとらなかった。危険性を知らないまま生産され、流通してしまうんです。

三陸の海産物もどんな落とし穴があるかわかりません。正確な検証はこれから。
未来のある子供たちには安全サイドで、あえて今は食べさせなくてもいいと思う。

そう考える親は私だけでしょうか。

PR

【2012/08/07 (火) 17:31】 | 食材
トラックバック(0) | コメント(1)

無題
koko
今まで政府がそ知らぬ顔をしてきた、プルトニウムの問題も。
海に大量に流れ込んだプルトニウムなどは、どうなってるのでしょうね・・・


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
今まで政府がそ知らぬ顔をしてきた、プルトニウムの問題も。
海に大量に流れ込んだプルトニウムなどは、どうなってるのでしょうね・・・
2012/08/08(水) 08:35 |   | koko #7dbfdff21f[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック